歯科における医療事務の業務内容

歯科における医療事務の業務内容について

歯科における医療事務の業務内容について 歯科医療事務とは歯科クリニックや大学病院の口腔外科で受付業務を含めた事務処理を行う仕事のことです。
医院によっては助手として雇用され受付の他にも診療補助なども兼任して行うこともあり、歯科医院の縁の下の力持ちといった存在といえます。
医療事務として働くためには特に必要とされる資格や経験はなく、未経験でも働きやすい職種ですが人によっては通信講座などで学んでから就職する場合もあります。
歯科医療事務の業務内容は多岐にわたり、受付では患者対応や会計、予約受付はもちろん、カルテ内容の入力や管理および作成、レセプト業務があげられ、助手として診療室の中に入る場合には医師のアシストとして器具や薬品を準備したり、バキュームを持ったりします。
また診療後のユニットの片づけや使用済み器具の洗浄と滅菌も大切な仕事です。
医療現場ならではの専門用語が飛び交い、治療内容なども患者さんによって異なるため、はじめは覚えることが精いっぱいで細かいところまで気が回らず大変なこともありますが、基本的に歯医者は予約制のため先輩スタッフから流れや業務を教わる時間も十分にとることができ学びやすく働きやすい環境の整っている職種だといえます。

歯科の受付業務とは

歯科の受付業務は、患者さんの接客、予約やキャンセルなどの管理、レジの金銭管理、レセプト入力、リコール、清掃など、多岐にわたります。
歯科によっては、患者さんのカルテを出したり、新規の患者さんのカルテを作成したり、器具の滅菌消毒を行なったり、歯科助手の技術がある場合には医師のサポートを行なう場合もあります。
受付業務には、保険の点数のことや保険の種別のこと、医療の行為についての説明など、さまざまな知識も必要となる場合があります。医療事務と比較すると、比較的作業量は少ない場合があり、診療時間が決められているため、定時に帰宅できる可能性が高いのも特徴のひとつです。
歯科は個人経営のところも多く、働く場所によって業務内容は異なってきますので、実際の内容をしっかり確認しておくことが大切です。
お客さんが受ける治療のストレスを緩和し、リラックスした雰囲気で治療にのぞめるような対応をすることが受付に求められています。

CONTENTS
「歯科 受付」
に関連するツイート
Twitter