歯科で使用するアタッチメント

歯科で使用するアタッチメント

歯科で使用するアタッチメント アタッチメントというのは、自分の残っている歯を削り、そこに差し歯やセラミックなどをかぶせて入れ歯を繋ぐ連結装置をさします。
通常は残っている歯と入れ歯の間にはクラスプと呼ばれているバネが使用されていますが、アタッチメントはバネが必要ありません。
アタッチメントの種類には、既製の器具や自家製のものなど、種類が多くあり、残っている歯の場所によっても使用法は異なります。
素材は、金属のカバーとねじ、やわらかいプラスチックでできているものが多くあります。バネのない入れ歯を快適に使用するためには、取り扱い方法をきちんとすることが大切です。
歯科でアタッチメントをつけた場合には、やわらかくて噛み易い食べ物から食べ始め、少しずつならしていくことが大切です。
また、入れ歯をはずした状態で食事をしてしまうと、食べ物が装置の中に入りこんでしまったり、装置が破損する可能性が高まりますので、必ず入れ歯をしたまま食べることが大切です。
歯科医師の説明をしっかり聞きましょう。

歯科で治療をするときに注意するべきアレルギー

虫歯の治療などをすれば、食べたり喋ったりすることを普通に出来るようになります。
しかし、歯科で治療をする場合には、その治療法が人にとっては危険をもたらすかもしれません。
なぜならば、歯の治療で詰め物、被せ物を金属にしたとき、それが患者にアレルギー反応を引き起こすこともあるからです。
治療をする前に、患者に金属アレルギーの自覚症状があるならば、アレルゲンとなる金属を避ける事もできますが、そうではなくその疑いがあるというくらいならば、歯科ではなく皮膚科にてアレルギーの検査をしておくことです。
金属アレルギーは、パッチテストをすることで調べることができます。万が一、治療をした後に、何か異常が発生したというときには、すみやかにその原因を特定して、詰め物や被せ物を取り除くことをしなければいけません。
そして、取り除いた後も、後遺症が出ることもあります。
このようなケースで病院を訪れる患者では、取り除いた後も症状が改善しないという人が少なくないのです。
そのため、経過観察をしながら、再発防止などの対策をとることが必要です。

check

2019/8/2 更新

CONTENTS
「歯科 アレルギー」
に関連するツイート
Twitter